ミニスーパーファミコンが欲しい人向け。どこに行けば売ってる?買える? この手の事に詳しい筆者が詳しく解説

ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン 

正式名称はこれ。
人によってはスーパーファミコンミニ。なんて呼ぶ人もいる。

毎度恒例の転売屋が今回も蔓延っているのですが、それ以外の理由も予約がしにくい要因の一つではあります。
近年あまり無かったことが起きているので、それも含めて現状などを解説していく

ミニスーパーファミコンの購入はかなり難しい!?

今回はネット予約に余裕があったものの、店頭予約がすぐに終了するという異常事態。
筆者が見つけた穴場店舗も全て即刻完売。
ニンテンドースイッチの10倍購入が難しい商品だと断言出来る。

近年はこの手のものの購入が比較的簡単な時代になっているが、スーパーファミコンという今の社会人にどんぴしゃな商品のリニューアル版ということで人気が爆発しているようだ。そのため、今回のような異常事態になっている

予約開始日、予約開始時刻等、初日の早い段階で予約を完了させないと買いにくい商品だったようだ。

なぜここまで品薄なのか!?

前述の社会人世代に人気があり、一般層でも予約してでも欲しい商品ということ。
それと、転売屋の増加が上げられる。
特に近年、せどりなどの転売屋が増加。
人を雇ったり、グループで活動しているところも増えたようで

「欲しい人が多すぎて買えないのではなく、転売屋が多すぎて買えなくなった」
と思っている。
ゲームソフトとは違い、最悪でも定価ならば損失0で売り捌けることもあり、ゲームハードは転売屋の餌食となっている。これは今後も変わらないだろう

今から買うにはどうすれば良いか

発売日に欲しいのであれば、転売屋から買うしかない。要は発売日買いは定価希望の方はもう諦めるべき。
それ以外であれば
  • 店頭に足繁く通う
  • ネットを細かく見る
  • 抽選
ここらへんでしょうか。
社会人の方は、ネットや店頭の抽選に応募すると良い。
これもたまにしかやっていないので足繁く通う必要があるが、抽選以外で買うのは難しい。

時間にゆとりのある方なら、店頭とネットを細かく見ることをオススメ。
今年中には買えるはず。
オススメはAmazonで、Amazonは抽選をしないので見つけられれば購入出来る。
他は抽選が多いので確実に今年中に買えるかは不明。

品薄が解消されるのはいつ?

A.解消されることは考えにくい。
ミニファミコンが生産終了の後に来年2018年に生産が再開されることになった。
発売が2016年で一年経ってもこの状態だが、生産するのが難しいらしく大量生産出来ないことが難民を生み出している。
これはスーパーファミコンでも同じことが言えるので、このニンテンドーミニシリーズは他の機械のように安定的に買えるものではない。

品薄と生産中止のどちらを永遠と続けることになるでしょう

余談

ミニスーファミ予約開始時の話

毎度恒例、ハード等ガジェット発売時には予約開始日に予約をする。というのが基本。
加えて出来れば予約開始時刻に予約するべき。
特にネットでは開始時刻を過ぎると買うのが難しくなる。だが、開始時刻は発表されていないので、そこはゲーマーの腕の見せ所。開始時刻らしき時間もしくはその日はずっとネットに張り付いたりして予約を完了させるわけだ。

今回はネットはかなりゆとりがあったと思う。
近年にないほど在庫が豊富なように感じた。Twitterに予約開始されたよ!報告をしてもまだ残っていたので。      

総括

PSVRのように生産が難しいものなので、現在購入出来ていない方は血眼になって探す必要があるだろう。
転売屋だと一万円近く余計に払う必要があるのであまり良い選択ではない。
今後もこの流れは変わらないはずなので、探すか諦めるを選ぶ必要性が出てくるかもしれませんね。

ミニスーパーファミコンのAMAZONリンク置いておきます
収納箱